介護士殺害、元同僚の男が起訴内容認める さいたま地裁初公判

 埼玉県東松山市で昨年6月、介護士の渡辺真澄さん=当時(38)=を殺害したとして、殺人の罪に問われた元同僚の住居不定、無職、佐々木靖幸被告(42)は31日、さいたま地裁(河村俊哉裁判長)で開かれた裁判員裁判初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。

続き…