介護サービス費着服、市職員を懲戒免職 被害1・5億円か

 死亡した要介護認定者のデータを捏造(ねつぞう)して介護給付サービス費約100万円を着服したとして、大阪府泉佐野市は29日、健康福祉部の会計年度任用職員の女性(59)を懲戒免職とした。また上司3人を減給10分の1(1カ月)、1人を戒告の懲戒処分とした。着服額は平成21年ごろから計約1億5千万円に上るとみられ、市は詐欺罪などでの刑事告訴を検討している。

続き…