京急事故 運行・安全面で高評価だった「路地裏の超特急」に何が起きたのか… 踏切“自動ブレーキ”のジレンマ

 横浜市神奈川区の京急線踏切で、快特電車と13トンの大型トラックが衝突した事故で、トラックの運転手の男性1人が死亡、乗客ら33人がけがをした。最高速度120キロで「路地裏の超特急」とも呼ばれる京急線について、専門家は「時間通りの運行や安全面への配慮もある路線」というが、今回は衝突直前に手動で非常ブレーキをかけたが間に合わなかった。何が起きたのか。

続き…