交際相手宅放火を否認 28歳男「やっていない」 名古屋地裁岡崎支部

 交際していた20代女性の自宅にガソリンをまいて火を付け、女性と家族計5人を殺害しようとしたとして、殺人未遂や現住建造物等放火などの罪に問われた伴翔太被告(28)の裁判員裁判初公判が5日、名古屋地裁岡崎支部(石井寛裁判長)で開かれ、伴被告は「やっていないので何も言うことはありません」と述べ、起訴内容を否認した。

続き…