五輪選手への賠償請求棄却 レスリング練習相手大けが

 日本レスリング協会が主催した強化合宿中に大けがを負った元学生王者の谷口慧志さん(24)と母親が、練習相手で東京五輪代表の屋比久翔平選手(26)や協会などに計2億2600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(小川理津子裁判長)は26日、原告の請求を棄却した。

続き…