乳児暴行で父に懲役4年判決 千葉地裁

 0歳だった双子の息子に暴行し、骨折などの重傷を負わせたとして、傷害罪に問われた茨城県神栖市の無職石川聡史被告(30)に千葉地裁(中村海山裁判官)は25日、懲役4年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。

続き…