中学校で146人食中毒 埼玉、ウエルシュ菌検出

 埼玉県は6日、給食の仕出し弁当を食べた県西部の中学校の生徒と教員計146人が下痢などの症状を訴え、うち19人からウエルシュ菌を検出したと発表した。重症者はいない。県は食中毒と断定し、弁当を提供した食品会社ニューフジフーズサービス(同県ふじみ野市)を、6日から3日間の営業停止処分とした。

続き…