不正会計で株価下落、東芝に初の賠償命令 東京地裁

 平成27年に発覚した東芝の不正会計問題で株価が下落し損失を被ったとして、2銀行が計約5億7千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は13日、東芝に計約1億6千万円の支払いを命じた。東芝によると、不正会計問題をめぐり、賠償命令が出たのは初めて。

続き…