三重大病院元教授を逮捕、機器調達で業者から現金供賄疑い

 愛知、三重両県警は6日、医療機器の調達をめぐり医療機器製造・販売会社から現金200万円を自らが代表を務める団体の口座に振り込ませたとして、第三者供賄の疑いで、三重大病院臨床麻酔部の元教授、亀井政孝容疑者(54)を逮捕した。贈賄容疑で「日本光電工業」の社員らも逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

続き…