ヤミ専従疑惑 「組合の政策介入」廃止へ 神戸市通達

 神戸市の職員団体「市職員労働組合」幹部らが職場を離れて組合活動をしながら給与を受け取る「ヤミ専従」をしていた疑惑で、市は12日、組合側との政策や予算などに関する「定数交渉」の廃止など4項目を庁内に通達した。定数交渉では毎年、市側が政策案などを提示して2カ月以上にわたり意見交換していたが、議会などから「組合が政策や人事に介入している」との批判があった。

続き…