ボーイング欠陥隠蔽で罰金 米司法省、737墜落事故

 米航空機大手ボーイングの主力機「737MAX」が起こした2度の墜落事故を巡り、米司法省は7日、ボーイングが罰金など総額約25億ドル(約2600億円)を支払うことで合意したと発表した。事故原因となったソフトウエアの欠陥を隠蔽し、安全審査を担う米連邦航空局(FAA)を欺いたと認定した。

続き…