ヘイト名誉毀損 在特会元幹部の初公判開かれる

 朝鮮学校に対するヘイトスピーチ(憎悪表現)で社会的な評価をおとしめたとして、名誉毀損(きそん)罪に問われた在日特権を許さない市民の会(在特会)の元幹部、西村斉(ひとし)被告(50)=京都市右京区=の初公判が4日、京都地裁(柴山智裁判長)で開かれた。西村被告は発言内容を認めたが、「朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)に対する抗議で、学校に対する名誉毀損ではない」と述べ、無罪を主張した。

続き…