トイレで運転士離席「申し訳ない」 JR東海社長

 東海道新幹線の男性運転士が走行中、トイレに行くため運転室を一時離れた問題で、JR東海の金子慎社長が21日、国土交通省を訪れ、赤羽一嘉国交相に「あってはならないことで申し訳なく思う」と陳謝した。赤羽氏は「ルールが守られなかった現象をどう捉えるかが大事だ」と苦言を呈した。

続き…