データ伝送で無線設備なし 3原発の放射線監視装置

 電力事業者が各原発の敷地境界付近に設置している放射線監視装置(モニタリングポスト)で、東北電力の東通原発(青森県)と女川原発(宮城県)、東京電力福島第2原発ではデータ伝送の無線設備がなく、有線ケーブルしか伝送手段がないことが8日、分かった。原子力規制委員会の会合で両社が明らかにした。

続き…