デブリ取り出しは2号機、明記 福島第1廃炉プラン

 原子力損害賠償・廃炉等支援機構は9日、東京電力福島第1原発の廃炉に関する技術的な助言をまとめた令和元年版「廃炉戦略プラン」を公表した。3年に最初の溶融核燃料(デブリ)を取り出すのは2号機からが適切と明記。取り出したデブリは敷地内の設備に移送して乾燥した状態で保管する「乾式保管」を正式に提案した。

続き…