スルガ銀不正融資、シェアハウス以外でも4千億円超被害 弁護団結成

 スルガ銀行によるシェアハウス向け不正融資問題をめぐり、弁護士約50人が25日、同様の融資でアパートやマンションを購入した被害者を救済する「スルガ銀行不正融資被害弁護団」を結成した。弁護団によると、不正融資によるアパート、マンションの購入は全国計約6900件、被害総額は約4400億円に上る。

続き…