コロナ抗原検査案内の看板壊される、大分市が被害届提出

 大分市保健所は24日、JR大分駅前に開設した新型コロナウイルスの抗原検査センターの案内看板2枚が何者かによって壊されたと発表した。市は大分中央署に被害届を提出した。担当者は「残念としか言いようがない。どうしてこんなことを」と困惑している。

続き…