コロナ感染者情報、9500人分流出 福岡県、ほぼ全員分

 福岡県は6日、県が管理する新型コロナウイルス感染者の氏名や症状などの個人情報約9500人分が外部に流出したと発表した。県内で確認された感染者のほぼ全員分。メールの誤送信により、部外者の男性がインターネット上で閲覧できる状態になっていた。県は、この男性以外が閲覧した可能性は低いとみている。

続き…