カルテ漏洩 堺市医療センターと医師を損賠提訴

 堺市立総合医療センター(同市西区)の女性小児科医が、業務上必要がない皮膚科患者のカルテ情報を閲覧し、院外に漏洩(ろうえい)したため精神的苦痛を受けたとして、患者だった大阪府内の70代女性が25日、センターの運営法人と医師を相手取り、計330万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。

続き…