オブジェ火災 2被告謝罪も無罪主張 弁護側「発生予見できず」

 東京都新宿区の明治神宮外苑で平成28年、アートイベントで展示中だった木製のジャングルジムのオブジェが燃え、遊んでいた幼稚園の男児=当時(5)=が死亡した火災で、重過失致死傷罪に問われた建設業の男(23)と大学院生の男(23)の公判が30日、東京地裁(下津健司裁判長)で開かれた。弁護側は最終弁論で、「投光器が直火に匹敵する熱量を持つという認識はなく、火災の発生は予見できなかった」と主張して結審した。判決は7月13日。

続き…