オウム後継団体、コロナ禍でも全国で勧誘活動 観察処分7回目更新

 公安審査委員会(委員長=房村精一元名古屋高裁長官)は6日、オウム真理教(アレフ、ひかりの輪など3団体に分派)に対し、団体規制法に基づく観察処分の更新を認める決定をした。更新は7回目で後継3団体が対象。平成30年7月に元教祖の麻原彰晃(しょうこう)元死刑囚=執行時(63)、本名・松本智津夫=ら13人の死刑執行後は初めて。

続き…