アイドル未成年者に契約トラブル多発

 地域イベントを中心に活動する「ご当地アイドル」らと芸能事務所との契約をめぐるトラブルが相次いでいる問題に絡み、厚生労働省が、雇用関係を結ばずに「フリーランス」として働く人を保護するルールの整備を検討していることが9日、分かった。ご当地アイドルやライブハウスを中心に活動する「地下アイドル」は、全国に2千組近くいるとされ、大半はまだ幼さの残る少女たち。事務所との契約をめぐるトラブルで自ら命を絶つケースもある。法に守られるべき未成年がなぜこのようなトラブルに巻き込まれるのか。

続き…