やけど痕の遺体、33歳男性と判明 敗血症か 大阪

 大阪市浪速区のマンションの一室でやけどの痕がある男性が見つかり死亡した事件で、大阪府警浪速署は31日、男性の身元について、住所不定で職業不詳、奥村大輔さん(33)と判明したと明らかにした。司法解剖の結果、死因は敗血症とみられる。

続き…