としまえん運営会社など争う姿勢 プール事故死訴訟で初弁論

 東京都練馬区の遊園地「としまえん」(閉園)のプールで昨年8月、小学3年の女児がエア遊具の下に潜り込んで死亡したのは安全管理を怠ったためだとして、遺族が、運営会社の豊島園や親会社の西武鉄道などに計約7500万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、東京地裁(中村心裁判長)であった。運営会社などはいずれも請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

続き…