さいたま市職員が生活保護不正支給 1世帯に1270万円

 さいたま市は15日、生活保護の業務に携わる40代の男性職員が、特定の1世帯に総額約1270万円を不正に過払いしていたと発表した。この世帯との関係など詳しい経緯を調査して処分を検討するとともに、埼玉県警に被害を相談している。

続き…