【改正少年法成立】実名報道「抑止力に」 被害者の会代表、武るり子さん

 18~19歳の厳罰化を図る改正少年法が21日、成立した。少年犯罪遺族として度重なる法改正を見守ってきた「少年犯罪被害当事者の会」代表の武るり子さん(66)=大阪市=は、平成12年の大幅改正以降5度目となる法改正で、18~19歳の実名報道が解禁されることを「大きな抑止力になる」と評価。ただ、強く主張してきた適用年齢の18歳引き下げは見送られ、「遺族として、まだやるべきことがある」と話す。

続き…