「鬱病」を考慮、介護中の夫殺害で猶予判決

 宮城県気仙沼市の自宅で2月、介護していた夫=当時(74)=を殺害したとして、殺人の罪に問われた無職、千葉みつ子被告(70)の裁判員裁判で、仙台地裁は24日、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

続き…