「開かずの踏切」などに改良義務 国交省が全国93カ所を指定

 国土交通省は13日、踏切での事故や渋滞を減らすため自治体や鉄道会社に改良を義務付ける対象として、25都府県の93カ所を指定した。3月末に成立した改正踏切道改良促進法に基づく指定の第1弾で、歩道拡幅や立体交差化、歩道橋の設置などを求める。

続き…