「車に異常」池袋暴走、被告が起訴内容を否認 地裁初公判

 東京・池袋で昨年4月、乗用車が暴走し、母子2人が死亡、男女8人がけがをした事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院元院長、飯塚幸三被告(89)の初公判が8日、東京地裁(下津健司裁判長)で開かれた。飯塚被告は「心からおわび申し上げる」と謝罪した上で、「アクセルペダルを踏み続けたことはないと記憶しており、車になんらかの異常が起きたと思う」と起訴内容を否認した。

続き…