「談合違約金減額を」山梨県議会が請願採択 地域経済への影響理由

 山梨県議会は6日の本会議で、県発注工事での談合が認定された建設業者27社への違約金計約30億1300万円の減額を求める請願を採択した。地域経済への影響などを理由としており、県は対応を検討する。

続き…