「焼肉酒家えびす」食中毒、再び不起訴 富山地検

 平成23年に5人が死亡した「焼肉酒家えびす」の生肉集団食中毒事件で、業務上過失致死傷の疑いで書類送付された運営会社「フーズ・フォーラス」の元社長(52)と肉を卸した「大和屋商店」の元役員(46)について、富山地検は7日、28年5月の1回目の処分に続き、再び嫌疑不十分で不起訴としたと明らかにした。

続き…