「欠けたピース」補う判断 B型肝炎訴訟判決

 集団予防接種によるB型肝炎の再発患者をめぐり、20年前以上前の最初の発症ではなく、再発時を基準に損害賠償を国に請求できるかが争われた訴訟の上告審。26日の最高裁判決は、原告の発症経緯を検討した上で、賠償請求権が消滅する「除斥期間」を再発時からカウントする起算点の繰り下げは「可能」だと判断した。現状の救済枠組みの穴を埋める判断で、判決に基づく救済が期待される。

続き…