「村八分」に賠償命令 Uターン移住の男性勝訴 大分

 Uターンした大分県宇佐市の集落で差別的な扱いを受けたとして、男性(72)が自治区長だった3人と市に計330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大分地裁中津支部(志賀勝裁判長)は25日、「社会通念上許されない『村八分』の不法行為があった」として、3人に計110万円の賠償を命じた。市への請求は棄却した。

続き…