「批判と中傷の境目、判例で分かりやすくしたい」木村花さん母

 フジテレビの番組「テラスハウス」に出演したプロレスラー木村花さん=当時(22)=が誹謗(ひぼう)中傷を受けて死亡した問題をめぐり19日、ツイッターでの中傷の投稿者に損害賠償を命じる初めての判決が言い渡された。原告で母親の響子さんは東京都内で会見し、「自分の主張が正しいと思い、ゆがんだ正義感で批判という名の中傷をしてしまっている人が多い。判例を残すことで、批判と中傷の境目を分かりやすくしたい」と決意を語った。

続き…