「安楽死」小説投稿か 嘱託殺人事件の大久保容疑者

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の女性から依頼され、薬物を投与して女性を殺害したとして嘱託殺人容疑で医師2人が京都府警に逮捕された事件で、大久保愉一(よしかず)容疑者(42)とみられる人物が、インターネット上に安楽死を請け負う医師を主人公とする小説を投稿していたことが31日、分かった。府警は動機の解明につながるとみて、関連を調べている。

続き…