「子の監護」父母以外の申し立て認めず 最高裁決定

 娘の離婚で孫の親代わりを長年してきた祖母が、孫の世話をする「監護者」に当たるとして、娘らを相手に孫の監護者指定を求める審判を家裁に申し立てた許可抗告審の決定で、最高裁第1小法廷(池上政幸裁判長)は、民法の規定に基づき「父親と母親以外は審判を申し立てられない」との判断を示した。決定は3月29日付。5裁判官全員一致の結論。

続き…