「今も立ち上がれないほどの悲しさ感じる」 京アニ遺族有志がコメント発表

 京都アニメーション放火殺人事件から1年となった18日、犠牲になった社員約20人の遺族有志が、代理人弁護士を通じてコメントを発表した。「今も消えることのない愛しい家族への思いと、立ち上がることができないほどの悲しさを感じている」と明かしたうえで、事件発生時から救出救命活動に尽力した消防や医療関係者、京アニを応援してきたファンなどへの感謝の気持ちをつづった。

続き…