「ショットガン方式」 羽田の薬物密輸摘発が過去最多に

 羽田空港(東京都大田区)で警視庁などが今年摘発した違法薬物密輸事件が7月末時点で33件に上り、過去最多だった昨年1年間の件数と並んだことが4日、捜査関係者への取材で分かった。覚醒剤を中心に7月に急増し、1年間の摘発件数は過去最多を更新する見通し。6月に静岡県南伊豆町の海岸で1トン超の覚醒剤を押収した大型密輸事件の摘発を受け、密売組織が供給量確保のために空港経由の密輸を活発化しているとみて、警察当局は警戒を強めている。

続き…