「のんたん」放置死の母、自身も虐待経験 持ち得なかった「親のモデル」

 ベランダに無造作に置かれた大型のごみ箱。室内はひび割れたすりガラスの窓ごしでも分かるほど、ごみを入れたポリ袋が山積みになっている。6月上旬、東京都大田区蒲田のマンションのこの一室に1人で放置された梯稀華(かけはし・のあ)ちゃん(3)は激しい脱水症状を起こし、飢えに苦しみながら亡くなったとみられる。娘をかわいがっていたとされる母親の沙希容疑者(24)はなぜ、ネグレクト(育児放棄)に至ったのか。

続き…