「がんばろう石巻」看板、3代目に

 東日本大震災の津波で大きな被害に遭った宮城県石巻市で11日、震災直後に住民を励まそうと立てられた「がんばろう!石巻」と書かれた大きな看板が3代目に生まれ変わった。被災経験を伝え続けるため、初代を立てた地元住民が中学生と5年に1度、作り直している。最初の設置からこの日でちょうど10年となる。

続き…