「ありがとう」女性准看護師、支援に涙

 長野県安曇野(あづみの)市の特別養護老人ホームで平成25年、おやつのドーナツを食べた入居女性=当時(85)=が後に死亡した介護事故をめぐり、逆転無罪を言い渡した28日の東京高裁判決。裁判長から「被告人は無罪」と告げられると、スーツ姿の女性准看護師(60)は安心したように深く一礼した。閉廷後は支援者らの前で「弁護団や全国のみなさまのおかげ。長い時間支えてくださり、本当にありがとうございました」と涙をぬぐった。

続き…